先生

口コミで評判の良いアンチエイジングが人気の秘密

施術を受けるタイミング

レディ

ダウンタイムの有無を確認

美容クリニックでアンチエイジング施術を受ける際には、まずダウンタイムの有無と期間を確認し、スケジュールを検討しておく必要があるでしょう。光治療や美容点滴などの施術は、ダウンタイムがほとんど必要なく、施術当日にお化粧をして帰宅することも可能です。こうした施術の場合は、翌日の予定などを気にすることなく、好きなタイミングで通院することができるでしょう。美容クリニックの口コミを参照すると、美容点滴や光治療などの施術は、仕事帰りに受けることができる気軽な治療として人気を集めているようです。忙しい人、まとまった休みがとれない人でも、気軽に受けられるアンチエイジング施術だといえます。美容クリニックのアンチエイジング施術として、今もっとも注目を集めているヒアルロン酸注入法はダウンタイムが必要でしょうか。ヒアルロン酸注入法は注射器を使用する施術ですから、皮膚を切ることがなく、ダウンタイムもほぼ不要となるのが一般的です。しかし、注射針を肌に刺すことになるため、まれに小さな腫れが生じたり、内出血の症状が起きたりすることもあるとされています。なお、通常腫れは数日ほど、内出血は10日程度で治まり、お化粧によって隠すことも可能です。特別なアフターケアなども必要のない施術ですから、通勤や通常の外出であれば翌日から問題なく行なうことができるでしょう。ヒアルロン酸注入法を体験した人の口コミでは、ダウンタイムや腫れ、痛みなどについてのコメントを見ることができます。口コミによると、腫れや内出血が生じるかどうか、どの程度続くかといった点は個人差が大きいようです。ほとんど痛みも腫れも生じなかったという人もいれば、術後数日ほどわずかに腫れが生じたという声もあります。顔のたるみに効果的なアンチエイジング治療、スレッドリフトの施術を受けた場合、ダウンタイムは3日から4日ほどとなるのが一般的です。この施術は、フェイスラインなどたるみの気になる部位に特殊な糸を挿入し、上へ引き上げてリフトアップするというものです。スレッドリフトの場合、施術の後数日ほど痛みや腫れが続くこともあるため、スケジュールを事前に確認し、問題のないタイミングで受ける必要があるでしょう。施術後の回復については個人差があり、数日で気にならなくなったという人もいれば、一週間ほど腫れが続いたという人もいます。スレッドリフトの口コミでは効果の即効性を高く評価する声が多く、痛みや腫れのことを問題としている人は少ない傾向です。

TOP